ローン滞納の対応|マンション売却で有利に|神の手で駒を進める

マンション売却で有利に|神の手で駒を進める

模型

ローン滞納の対応

相談

住宅ローンを滞納したら、任意売却を相談できる業者を探す必要があります。というのも、ローンの一括返済を求められる状態では自由に売却することができないからです。一般の不動産業者に頼んで買い手を探したとしても、融資先が抵当権を外さないことにより、所有権の移転ができなくなります。そこで、まずは融資先と交渉できる業者が必要となるわけです。任意売却を相談できる人気の高い業者は、まず売却する承認を債権者に求めることになります。競売ともなればかなり安い金額で処分されます。その後に残った債権を回収できるかわからないので、この交渉に応じることになります。さらに売却後に残った残債に関しても、その金額を減らしてもらう交渉も行ってくれます。

任意売却を行う業者はまず、定められた期間内に売却できるように金額設定を行います。これを債権者に伝えて合意を得ることになります。住宅の所有者としてはこの時点で、高い金額で売却することは望めないものです。けれども任意売却を行う業者と相談して、少しでもその後の生活に負担がかからないように配慮してもらうことができます。売却後に住宅ローンが残れば、当然ながらその返済義務が生じます。それを無理のないような返済計画を立てて、債権者に相談することになります。その交渉も業者が行ってくれるので安心です。生活を再建するために、少しでも返済額が少なくなるように交渉してくれますし、場合によっては総額を圧縮してもらえます。

Copyright© 2016 マンション売却で有利に|神の手で駒を進める All Rights Reserved.